ヨヒンベ



西アフリカ地方特産の樹木。催淫作用があるということから、原住民に用いられていた最古の性治療薬。脊髄の勃起中枢に作用。いまではバイアグラにその座を奪われてしまった。


毒草名  ヨヒンベ、ヨヒンベノキ
学 名  Pausinyastalia yohimba.
特 性  アカネ科の常緑高木
毒部位  葉、樹皮(幹皮)
成 分  ヨヒンビン(Yohimbine)
症 状  催淫、血圧上昇、痒み、頭痛、吐き気、呼吸麻痺、心臓停止


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS